読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気に入りに出会えない

何年試行錯誤してもお気に入りに出会えないこともあるものです。

たとえばシャーペン。


小学生のころから自他ともに認める文房具フェチだった私。

赤ボールペン・青ボールペンは、当時通っていた塾の先生が使っていた シグノRT
定規で勢いよく線を引くとインクが出すぎるとかいう悩みはありますが、今でもお気に入りです。

黒ボールペンは、 ジェットストリーム
つるつるした紙には書きづらいのですが、普通の顔料系だと書き味が重くなるような紙ではとても滑りが良くて気に入っています。

しかし…シャーペンのお気に入りは?と聞かれると、これがとんと出てこない。

シャーペンデビューは小5。それまでは、持ち方を覚えるためなのか何なのかシャーペン禁止令が敷かれていました。

はじめに買ったのが アルファゲル 。まあ有名ですよね。それから、タプリクリップ も使っていました。
あとは、受験のときは学校名の入ったシャーペンを何本か使っていました。品種がわからないけど。

中学に入ってからも特にこれといって取り憑かれるほど使いやすかったペンが思い当たらず、しいて言えば、パイロットの スーパーグリップ ノック あたりは持ちやすかったような気がします。でも100円なんだよな…


ここ数年はいろいろ文房具を試してみるようなこともあまりしなかったのですが、最近ふたたび欲が湧いてきたのでやってみようかと思います。
もはや「文房具の乱れは心の乱れ」です。
みなさんも素敵な文房具ライフを。